歯科助手の給料とメリット

歯科助手の資格 歯科助手(正式名称:歯科医療事務管理士)の給料は、時給で850円前後、月給で15万円〜20万円前後とそれほど高くはありません

しかし、給料以外の様々な面で資格を取得するメリットが非常に多い仕事として注目されています。

まず、歯科助手の勤務先である歯科医院は全国どこにでもあります。駅前や近所の住宅地などに必ずといっていいほど歯科医院があるので働き先が見つけやすく便利です。

また、歯科医院は日中のみの診療がほとんど。勤務時間が比較的一定なので育児中でも勤務しやすいことや、パートタイムや残業なしなど勤務体系を選びやすい、女性にとっては結婚や出産で職場を離れても、比較的簡単に職場復帰できる、などメリットが多くあります。

営業面から見ても、世の中から虫歯や歯列矯正がなくなることは考えにくいので、安定した業界ともいえます。

このように、歯科助手は、給料や仕事内容だけでなく、働く環境の面で魅力の多い仕事だと言えます。

歯科助手の仕事内容と資格試験の難易度

歯科助手の仕事内容は、患者さんに対応する受付、会計、電話対応業務や、医師や看護士に対応する治療の準備や片付け、カルテ管理、材料管理などの業務があります。歯科助手は患者さんに医療行為や予防などを行う事は出来ません。

歯科医院は患者さんの歯の痛み・悩みを取り除き、患者さんが健康で明るい生活を送れるように貢献する場所です。その中でスタッフの一員として患者さんの悩みを解決する手助けをし、喜びを与えられることは、とても働き甲斐のある仕事といえます。

歯科助手は、受験資格は特になし! 実務経験、学歴に関係なく、どなたでもチャレンジできます。難易度も比較的低いものですので取得しやすい資格といえます。

試験は例年1月・3月・5月・7月・9月・11月の年6回実施されるため、勉強を始めてすぐに試験を受けることができのもうれしいですね。

合格率の高い学習法

歯科助手試験の合格率は、2010年3月受験は59.7%、2010年1月受験は60.3%ととても高い結果でした。

この試験は会場試験と在宅試験がありますが、指定講座の「修了認定試験」に合格すれば、受講期限内に実施される試験の在宅受験が可能で、ご自宅にいながら資格を取ることができます。
(暗記を問う試験ではないので、テキストを見ながら解答できます。

合格率を高めるには、在宅受験のできる指定講座があり、また、合格実績や添削サポートの充実しているユーキャンの通信教育講座での学習法がおすすめです。

歯科助手の学習法ランキング2位

ユーキャン

ユーキャン

ユーキャンは通信教育が100講座以上あり、歯科助手試験も人気・実力ともに抜群。しかも受講費用が2,980円 ×15回(15ヵ月) 総計:44,700円と通学講座に比べ非常にリーズナブルなので受験生にはうれしいですね。
テキストもイラストや図解を豊富に使用しているので、イメージしながら勉強することができます。受講生の数、実績が違いますのでおすすめの講座です。


Copyright (C) 歯科助手の給料と仕事内容|試験・資格取得のポイント. All Rights Reserved.